借り換えローンのターゲットは、住宅ローン?

銀行の借り換えローンの主なターゲットは住宅ローンだろう。

 

もともと住宅ローンを銀行が始めたのは日本の銀行がお金を貸す相手に困りだしたからだ。

 

日本の大企業にも海外で稼いでいる企業と日本国内だけで稼いでいる企業がある。

 

海外で稼いでいる企業の海外比率が高くなると利率の高い国内の銀行から借りると経営に不利になるので日本の銀行から借りなくなった。

 

そこで日本の銀行は貸出先を確保すべく小口のリテール融資に力を入れだしたわけだ。

 

そのメインが不動産を担保にできる住宅ローンになったわけなんだが実は個人向けの融資というと住宅ローンくらいしかなかったわけだ。

 

そこで銀行はそれぞれいろんな住宅ローンを売り出したわけだ。

 

ところがこの住宅ローン実は金利がかなり高い。

 

住宅ローンは企業向け融資が頭打ちになった頃にその穴埋めに始めたワケだから金利もバブリーなワケだ。

 

ここを新規参入の銀行が狙いだしたというわけだ。

 

新規参入の銀行は融資先を開拓するしかない。

 

大企業はすでにメガバンクが抑えているし中小企業は第二銀行や信用金庫が抑えている。

 

融資の替わりに担保や株券を抑えているのでそこに割り込むのはかなり難しい話だ。

 

なので住宅ローンの高い利率に辟易している個人にターゲットを絞ったという事なんだろう。

 

金を貸すにはこれからお金を借りようとしている人を捜すよりすでに借りている人を見つけて借り換えてもらえばいい。

 

今まできちんとお金を返してきた実績のある人に自分のところのお金を融資すればいい。

 

借り換えローンというのはそう言う目論見の元にあるものだろう。

 

NEXT:住宅ローンは借換えるべき?



広告

このエントリーをはてなブックマークに追加