一時的な借金と、慢性的な借金。

借金というのはまた一時的なものと慢性的な物に分類できる。

 

たいていの場合借金をするにはとても都合の良い理由があるものだ。

 

たとえば学生は就学のためのローンを組む。

 

勉強するためにお金は必要だから。

 

そんなお金を持っている学生はほんの一握りしかいないだろう。

 

だから学生に対し就学ローンを貸し付けてくれる制度は非常に有益なものである。

 

これはこれで良い制度だがしかしどのようにこのローンを扱うかそしてその借金を卒業後にどう清算するかについて知っておかなければならない。

 

そしてまたビジネスを始めるために借金をするというのは良いことだ。

 

しかしこの借金が良いかどうかはどのように始めるかと言うことによる。

 

借金をするならハッキリした計画を持たなければならない。

 

そしてどれくらいのお金が必要でどのように返済するかということを知らねばならない。

 

このような場合借金はビジネスの成功のための一部分である。

 

もしあなたが現金を支払う余裕を持っていてそして借金をするリスクを限定的な物にできるのであればやるべきである。

 

お金を持っているのであれば現金で支払うことをためらうべきではない。

 

問題はあなたがお金を借りたときにそれを生産的に使えるかどうかなのである。

 

もっとハッキリ言えば借金はよい。

 

あなたがそれを投資にまわすことができそれを単純に消費しないのであれば。

 

消費をするために単なる借金をすると言うことは悪いことである。

 

借金はコントロールできる状態に置かなければならない。

 

あなたは借金を返済する方法に熟知しなければならない。

 

計画を練ろう。

 

早急に借金から抜け出す計画を練ろう。

 

NEXT:人々が簡単に借金生活に陥る原因とは?



広告

このエントリーをはてなブックマークに追加