パチンコで借金ができた

私の借金の半分はおそらくパチンコ・パチスロでできたものだと思う。

 

ぶっちゃけて言うと私はパチンコ依存症なんやね。

 

パチンコするのが楽しくて楽しくて娯楽と言えばパチンコだった。

 

でも実は昔はそんなに借金ができるほどはやらなかった。

 

借金できなかったという事もあるがそんなにビックリするほど負けはしなかった。

 

簡単に言うと収支トントンよりちょっと勝つくらいやったんやね。

 

ところがよくわからないがある時から急に負けが混むようになっていった。

 

そこからはもう何ながなんだかよく分からないくらい負けだした。

 

以前なら少額の負けで済んでいたところなのに負けが止まらなくなってしまったんやね。

 

こういうのをパチンコ依存症というらしい。

 

ちょうど良い具合のタイミングで、やめることが出来なくなってしまうのだ。

 



ある日突然、自制が効かなくなった

以前はパチンコで大負けしてもしばらくパチンコができなくなるだけで借金してまでパチンコをしようとは思わなかった。

 

次の給料日までというより数ヶ月パチンコ屋に行かなくても大丈夫だった。

 

ところがあるときから突然止まらなくなった。

 

禁断症状が出るようになったんやね。

 

パチンコ屋に行かないとイライラし始めた。

 

依存症の典型的なパターンだ。

 

勝っても負けてもとにかくパチンコ屋に行きたい。

 

そう言う感じ。

 

そして「勝ち逃げ」ができなくなった。

 

勝ち逃げというとギャンブルで十分プラスになったらそこでやめて帰るって事なんやけどそれができなくなった。

 

そのままプレイを続けてせっかくの勝ちをふいにすることが多くなった。

 

そうなるとどんどん負けがふくらむんだけれど止まらなくなった。

 

それでまあ借金がふくらんでしまったという事なんやね。

 

NEXT:依存症は、寂しい人に多い?


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加