依存症は、寂しい人に多い?

依存症とは何かをやめようとしてもやめられないくらいのめり込むということだ。

 

私の場合はパチンコ依存症だがパチンコを止めようと思ってもやめられない。

 

軍資金が続く限りパチンコ屋に行ってしまう。

 

ここまでなら普通のパチンコ・ファンなんやけれどある日から突然おかしくなった

 

昔はプラスになればそこで止められたのだがある時から突然勝ち逃げができなくなってしまい勝っていても負けていても閉店までパチンコ屋にいるような状態になってしまったのだ。

 

それで借金が一気にふくらんだ。

 

依存症というのはそうして借金の元になるわけやね。

 

依存症は人間関係がうまくできない人に多いと言われている。

 

他の人と上手くやるのが苦手なため人間以外のモノに依存するというわけだ。

 

依存症には「アルコール依存症」や「薬物依存症」それから「ギャンブル依存症」「買い物依存症」最近では「インターネット依存症」なんて言うモノもある。

 

私なんか家にいるときは殆どパソコンに向かっているから「インターネット依存症」になっている可能性もあるね。

 

こう言うのは他人との調整が不必要で自分一人で完結するものだから自分のやりたいだけいくらでもやれてしまう。

 

この辺も依存症が進みやすい原因だろう。

 

だから最初は好きだからやっていただけなのに孤独も手伝ってどんどんのめり込んでしまい最後には自分でもコントロールが効かなくなってしまう。

 

それがないと生きていけない状態に陥ってしまいそして日常生活に支障をきたすようになる。

 

イライラしたり不眠症になったり場合によっては痙攣を起こしたり。

 

離脱症状とか禁断症状が起こってしまうんやね。

 

私もイライラしたらパチンコ屋に行けばスッキリしてしまうからなかなか止められないわけだ。

 



広告

このエントリーをはてなブックマークに追加