カードの実績って何?

クレジットカードの入会審査の話の続き。

 

クレジットカードの入会審査には年収がもっとも大きな判断基準になると言う。

 

そのほかにも実績というのがあるが実績というのは借り入れがあってそれをきちんと返していくとできるものなので実は入会時の審査には評価されない。

 

利用実績はカードを利用したあとで積み上がって行くもので入会してからでないと関係ないのはまあ当たり前だ。

 

余談だけれどモビットに申し込んだときにモビットは断られたんだけれどプロミスへ紹介されてプロミスのカードを作った。

 

そのときは与信額は20万円スタートで「実績ができましたら与信額(貸出限度額)が上がります」と言われた。

 

だからクレジットカードに付いているキャッシング機能がいきなり限度額50万円スタート。

 

というのはかなり異例だったのではないかなと今になって思う。

 

バブルの後遺症からようやく脱出して金融機関が積極的に貸し出しを伸ばそうとしていたって事かも知れないね。

 



カード入会が断られる場合とは?

クレジットカードはカード会社によって判断基準が微妙に異なる。

 

最近は貸金業法改正の影響もあって借金総額が収入の3分の1を越えているとそれだけでまずダメってことになる。

 

また単独で50万円以上合計で100万円以上になる貸し出しを行う場合は収入証明書のようなモノをカード会社に提出する必要がある。

 

以前はクレジット会社はクレジット会社で作る信用情報を元に与信額などを決めていたのだが貸金業法改正によって消費者金融のデータベースとクレジット会社の信用情報がつながってしまって個人の借り入れ状況は筒抜けになっているらしい。

 

だから消費者金融での借り入れがたくさんあると通常のクレジットカードを作る際にも断られる可能性が大きいだろう。

 

他に入会が断られる場合としては年齢や勤続年数持ち家か借家か職業の安定度など様々な要因がある。

 

一説にはこれらは点数化されていてある一定の点数に達しないとカードが作れなかったりカードの利用限度額が低く抑えられたりすると言うことだ。

 

NEXT:カードの返済方法のいろいろ


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加