クレジットカード独特のトラブルとは?

クレジットカードで買い物をする場合現金売買では起こらないトラブルが起こる事がある。

 

商品を現金で買う場合商品を確かめてから買う場合が多いし違うモノをお店が出してくる様な事は日本の場合なかなかない。

 

しかしクレジットカードの場合はネット通販での支払いに使ったりするのでいい加減な商品が届いたりしてトラブルになったりする。

 

もちろんそんな事をしたらクレジットカード会社に通報されその企業はカード利用ができなくなってしまうのだが残念ながらそういうトラブルは起こってしまう。

 

だからネットでモノを買う場合は代引きでないと買わないと言う人も多い。

 

請求金額が違っていたり注文した商品が違っているなんて事は修正してもらえばいい一方買い手側のミスもある。

 

たとえば商品の詳細をしっかり確認してなかったり必要な送料手数料を確認していなかったりうっかり注文してしまうという事もある。

 

こう言うときはもうとにかくまず注文の修正やキャンセルをメールなどですぐ送る必要がある。

 



クレジットカードのトラブル対処法は?

クレジットカードの支払いでトラブルが起こった場合まずは注文のキャンセルを注文先に出しそれが受け入れられなければカード会社や国民生活センターに相談するといいそうだ。

 

その際はいつどういう形で取り引きを行いどういうトラブルになったのか時系列で情報をまとめておいた方が良い。

 

受け取った商品も開封せず返品する際の宅配便の控えや画像などを取っておいた方が良い。

 

ネットで注文した場合は基本的に取り引き内容がメールで来るはずなのでそれを探して保存しておく必要がある。

 

通販に関しては一定の期間内であれば違約金を支払う事なく契約解除できるクーリングオフ制度というのがあるがこれも商品や取引によっては適用されないこともあるので注意が必要だ。

 

クレジットカードを紛失した場合はすぐにクレジットカード会社に連絡し利用停止にしてもらう必要がある。

 

誰かに不正使用されても条件が整っていれば保険で補償されることもある。

 

紛失届も警察に届けを出しておこう。

 

NEXT:スキミングとフィッシング詐欺


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加