人々が簡単に借金生活に陥る原因とは?

簡単な例を考えてみよう。

 

あなたが十分なお金を持っておらずそして生きていたいと思う。

 

そのときあなたには食べ物や衣服が必要である。

 

これが生活と言うものだ。

 

環境が変化することによってあなたは深刻な理由を持つことになる。

 

たとえば仕事を失うとか健康を害したが治療するためのお金の余裕がない。

 

借金生活に陥るには何百もの理由が存在する。

 

しかしほとんどの人々が借金をうまく利用することができない。

 

人々は借金によって山ほどトラブルを被ることになるが主な原因は「お金の借りやすさ」である。

 

また人々はときどきバカになってしまう。

 

たとえばクレジットカードには特定の期間だけ特別な利率で使うことができたりする。

 

たいていは特別に安い利息で人々は得したと思ってクレジットカードを使ってしまう。

 

ところがその期間が終わったときには普通のレートの2倍もの利息を払う羽目になったりする。

 

借金生活に陥る非常に良くある原因がもう一つある。

 

特に若者に多いのだけれども借金をうまく管理しているふりをしていたり自分がうまくやっていると信じているからである。

 

たとえば毎月の支払いを少なくすると毎月の支払いは確かに楽である。

 

だがしかし最少限の返済にすると数ヶ月で返済できるような小さな借金でも完済するまでに何年も何年もかかってしまう羽目になる。

 

これが実は借金生活からなかなか脱却できないもう一つの原因となっているのである。

 

アドバイスを聞いて借金に無視せず事態をより良い物にしよう。

 

NEXT:借金を避ける方法とは?



広告

このエントリーをはてなブックマークに追加