スキミング被害とは?

クレジットカードが普及するに伴ってクレジットカード情報を盗み取る犯罪が増えている。

 

カード情報を盗み取ってそれで金目のモノを購入して換金するわけだ。

 

カード情報を盗み取る方法としてはお店でカードを渡したときに情報を盗み取るスキミング。

 

それからニセのホームページを使ってカード情報を盗み取るフィッシング詐欺などがある。

 

最初の「スキミング」というのはカードの磁気データを機械で読み取って盗む犯罪だ。

 

盗み取ったデータを別のクレジットカードに移しかえて他の店で使ったりATMからお金を引き出したりするわけだ。

 

クレジットカードの場合少額ならお店ではパスワードを入力しなくても使えるのでパスワードがなくても使われてしまったりする。

 

そしてカード情報が盗まれてもカードは手元に残るので被害にあった事になかなか気づかない事も多い。

 

もちろんクレジットカード会社では高額な使用や同じ日に離れた場所でカードが使われたりすると直ちに調査を入れることもある。

 

テレビなどでその様子を放送していたのを見た事あるがたとえば東京と福岡のような離れた場所で同じカードが使われると直ちに持ち主に連絡が入り使ったかどうかを確認して不正使用かどうか確認するわけだ。

 



フィッシング詐欺とは?

一方インターネットが普及し始めてから増え始めたのが「フィッシング詐欺」というやつだ。

 

フィッシング詐欺というのはホームページ上でカード情報を入力するように促してその情報をそのまま盗み取ってしまうと言う詐欺だ。

 

たとえばどこかからセールスメールなどが届きその中にあるアドレスをクリックするとカード情報などを入力するような立派な画面が出てついつい入力してしまうと言うようなケース。

 

ところがそれは本物そっくりに作られているページで全くの偽物だったりする。

 

以前ヤフーのホームページをロゴ以外まるまるコピーしたサイトが登場して話題になったがそう言うコピーサイトを紛らわしいドメインで作ってカード情報を盗もうとするわけだ。

 

フィッシング詐欺に遭わないためにはまずパソコンにセキュリティソフトを入れる事が第一だろう。

 

最近はブラウザ自体にセキュリティソフトが組み込まれていて怪しいサイトにアクセスしようとした場合警告メッセージがすぐに出るようになっている場合も多いね。

 

NEXT:パチンコで借金


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加