クレジットカードの気をつけることすべき点

クレジットカードは便利な反面危険な面もある。

 

私などは独身だから 盗難やスキミングに遭わない限り他人にカードを使われるという事は滅多にない。

 

スキミングというのはクレジットカードを店員に預けたときにカードを別の機械に通されてカード情報を盗まれるというヤツだがたいていの場合限度額いっぱいまで使っていたりするのでたとえスキミングにあってもあんまり被害は出ないかも知れない。

 

だけど自分以外の家族にカードを使われたり友人にカードを使われてしまうというような事も起こる。

 

最近はネット通販が盛んだがカード情報さえあれば通販で買い物ができてしまうのでそう言う被害も発生する。

 

普通クレジットカードは名義人本人しか使えないことになっているがネットの先にいる人が名義人本人かどうかは確認できないから非常に危ないって事だね。

 

クレジットカードを他人に貸すのは厳禁だしそれが発覚すると契約違反でカードが使えなくなる。

 

損をするのはカードの持ち主だけって事か。

 



クレジットカードには、必ず署名をしておくこと

クレジットカードには署名欄がある。

 

カードを裏返すと白いところがあってここに署名をしておく。

 

これがないと万が一盗難にあって悪用不正使用された場合に補償がされない事もあるらしい。

 

というのもクレジットカードでモノを買う場合必ずサインをする。

 

サインとカードの裏側を比べてお店は商品を渡す。

 

そこでカードの署名がなければ本人確認ができないから不正使用があってもお店では発見できない事になる。

 

本人確認を怠って商品を渡してしまったらそれは店舗側の落ち度と言う事になるが署名がなければ本人確認しようがないからこれはカード所有者の落ち度って事だ。

 

なのでたかが署名一つで大損したりすることもあるわけやね。

 

また不正使用があった場合カード番号が分かっているとカード会社も使用停止をすぐできるので被害を小さくできる。

 

カード番号は手帳などにメモしておく方が無難だ。

 

NEXT:カード・トラブル対応の仕方


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加