ギャンブル依存症は、ダブルパンチで悲しい

ギャンブル依存症とはギャンブルで勝つ事に執着していて勝つか財布をからにするまで止められないと言う症状だ。

 

アベレージ(平均)でプラスにしようとしている状態では勝てば止められるんだけれど毎日勝とうとし出すと止まらない。

 

パチンコだと閉店まで粘るし競馬だと追い上げというやり方で馬券に大金を突っ込むという状態だ。

 

パチンコ依存症はギャンブル依存症の一種だと考えられる。

 

厳密に言うとパチンコ依存症でもギャンブルには依存していない人もいるだろうから一つにまとめるのはちょっとどうかなとも思う。

 

ただ私の場合は貧乏育ちでお金が欲しかったからギャンブル依存症も併発していたんだろうと思う。

 

ギャンブルで勝ったお金はある程度次の軍資金に置いておくがそれ以上は欲しかったモノを買えるというのも止められないところだね。

 

そして最初は自分の持ち金だけでギャンブルしていてもそのうちにギャンブルで勝ったときしかモノを買えなくなったりして結果的に常にギャンブルしている状態になっていく。

 

でもって借金をしてまでギャンブルに注ぎ込む羽目になる。

 

ギャンブル依存症になってしまうと勝負を避けるような場合でも我慢ができず何かと自分で理由をつけて続けて勝負してしまう事になるんやね。

 



ギャンブル依存症から借金依存症に

ギャンブル依存症になると勝ちにこだわってしまうのでとにかく勝つまでやってしまう。

 

そしてギャンブルに負けても次はもうちょっと賢くやろうとか考える。

 

しかしそううまく行かないので逆上してまた大負けしたりするんやね。

 

アルコール依存症の場合最初は一杯から始まってだんだん酒量が増えていく傾向にあるがギャンブル依存症もだんだんひどくなっていく。

 

ギャンブルに勝った時の快感を求めて勝つまで何度も勝負を繰り返す。

 

投資金額も増えていってそれまでなら1万円ちょっと負けたら止めてしまっていたのに2万も3万も注ぎ込み結局一日で十万以上負けたりする。

 

私も何度かそう言う事をしてしまったから確実に依存症やったね。

 

そしてそう言う事をし出すとお金がたくさんいるので借金ができる。

 

ギャンブルしていないときはスッキリしているんだけれど暇ができて使えるお金があると行かずにはおれなくなってしまう。

 

そしてギャンブル依存症から借金依存症に移行するとまた大変になる。

 

借金をギャンブルで返すためさらにギャンブルにのめり込んでいく羽目になる。

 

こうなると依存症も悪循環に陥る。

 

二つの依存症が絡み合ってしまうから経済的にも精神的にも狂ってくる。

 

NEXT:買物依存も借金の原因


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加